2017年1月25日 admin

機械式時計は自動巻きと手動巻の2タイプ

機械式時計はゼンマイや歯車と言ったメカニカルムーブメントの腕時計です。自動巻きタイプと手動巻タイプでゼンマイを巻く方法が異なります。自動巻きタイプの場合は内部にローターと呼ばれているパーツがあり、腕時計を腕に付けているとローターが回転してゼンマイを巻いて行く方式になります。これに対し、手動巻は自分でゼンマイを巻いてあげる、メンテナンスの一つにゼンマイを巻くと言う作業が含まれるのが特徴と言えましょう。

機械式時計は数年毎にオーバーホールがお勧め

機械式時計のムーブメントはメカニカルであり、ゼンマイやローター、受け石、テンプなど色々なパーツが内蔵されています。精密機械とも言える機械式時計はゼンマイを巻くと時を刻むと同時に内部のパーツを動かし、正確な時を刻める時計を維持出来ます。大切にする人の多くが、自動巻きは定期的に持ち歩いてゼンマイの動作を確保し、手動巻の場合は毎日同じ時刻に竜頭を使って巻き上げると言うメンテナンスを行うと言います。更に、数年に一度は分解修理でもあるオーバーホールに出すと機械式時計は長く使える腕時計になるのです。

アンティークから現代の時計へ

機械式時計は昔の主流となっていたムーブメントですが、時代を象徴するアンティーク時計は機械式時計であり、今でも正確な時を刻んでくれる製品が多数存在しています。機械式時計は現在製造発売している腕時計の中にも多数あるのが特徴で、電池式のクォーツ時計が主流となっている現代において、機械式時計はファッションとして楽しみたい人々からの注目を集めており、クォーツ時計にはないメカニックな時計を好む人も多いと言えましょう。

パテックフィリップはスイスの時計メーカーです。世界一高い腕時計を販売しています。どんなに古い自社時計でも修理可能で有名です。著名なユーザーが多くいます。