2017年1月25日 admin

七五三の起こりに関して

お子さんの育ちを祝うお祝い事としまして七五三が実施されていますが、何故3、5、7歳でお祝い事をするのか詳細に分からない人も多いといえます。日本国内では当たり前の事となっている七五三のお祝い事に関しては平安時代までさかのぼります。その時は子どもの死亡する率が高く7歳まで神の子といった立場で7歳となって、ようやくのこと人となりお祝い事を敢行した事がスタートとされています。加えて七五三の数にも意味合を持ち国内では奇数が陽数となっており縁起の素晴らしい数となっていたのです。

七五三の意味合に関して

年齢毎にお祝い事を実施する意味がありまして、男の子供さんは3歳及び5歳に女児は3歳と7歳に行ない3歳のお祝い事には髪置の儀が起こりとなっており5歳のお祝い事につきましては袴着の儀が始まりで、生まれて初めて袴を付ける儀式の事として男児だけのお祝い事というものになります。それから7歳のお祝い事には帯解きの儀が始まりとなっており、過去まとっていた着物のひもを取って大人と同一の正規の幅広い帯を締める儀式となっていて子供が伸展していくプロセスを睨んだ素晴らしい行事とされていたのです。

七五三の食事会にあたって

七五三のお祝い事において親戚、あるいは知人を招待して食事会をするケースがあり、家族のみで行う際は、普通よりステップアップさせたレストランやお子さんが足を運びたいレストランで食事を食べたり祖父母もしくは親戚などが寄り集まる状況では、落ち着いて語りながらお祝い事する事が望める個室レストランなどが望ましいとされており、幼い子どもたちがエンジョイする感じを加えます。そして、食事会後には赤飯または和菓子など来て頂いた人へお返しを配布する事が賢明でしょう。

生まれてきて誰もが3度は経験することになる行事が七五三です。お祝いなだから普段食べれないものをと考えます。七五三のレストランと検索するとピッタリお店などを紹介しています。きっと家族団欒で過ごせます。